浅葱斑

2013年11月07日
今年もアサギマダラの渡りが観測されたとのニュースを聞いて、

時節柄ちょうどよいのではないかと、以前に作ったものに手を加え、

企画展にだすポストカードにしてはどうかと、やってみたのだけど・・・


PA10007r.jpg


浅黄色は、好きな色なのだけど、

もっと、こう・・・ノスタルジック?なイメージで・・・

色を抜いて・・・


PA10006r.jpg


もはや、浅黄斑じゃあない。。(ノд-。)


どうもしっくりこないのは、そもそもミロとじゃ合わないのでは?

チョコか黒たんのコのほうが良いのかも。。


ということで、今回はボツで。。

また気が向いたら再挑戦したいと思います。



先月末、天橋立を見てきました。

P1630679r.png CA382559r.jpg P1630707r.png P1630666r.png


ケーブルカーに乗って傘松公園に上り、帰りはリフト。

舞鶴港から遊覧船で巡り、丹後鉄道にも乗りました。

ワンズは夫とお留守番でしたので、

自家用車以外の乗り物を、こんなに一度に利用したのは久しぶり。

乗り物に弱いので、バスには酔ってしまいましたが、

なかなか面白い旅でした。


思いがけず感動したのが、丹後鉄道。

座席が埋まっていたので、私は車両の先頭付近に立っていたのですが、

途中、海に架かる橋の上を走ったとき、

振り返って車内を見渡すと、両側と後ろの窓の外、全部が海!

まさに海の上を走っているようで、

そうそう、千と千尋の神隠しの海上列車のシーンでした☆


私があまり熱心に鉄道の写真を撮っているので、

鉄子さんですか?と、知らないおじさんに声を掛けられる一幕もあり。。w




元伊勢 丹後一の宮 籠神社の狛犬さん。

CA382549r.jpg


この狛犬さん、出来が良すぎて魂が入っちゃったそうで、

夜な夜な籠神社を抜け出しては天橋立に出没、参拝者や通行人を驚かしていたところ、

伝説の豪傑・岩見重太郎に退治され、切られた傷が前足に残っている、というもの。

本当に補修痕が・・・

狛犬さえも不憫に思えてしまう 犬ばか思想w




関連記事
チワワ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
アサギマダラの季節、昨年は会えなかった私。
今年もご縁がなさそうです。
何か気候が関係しているのかな。
残念な渡りの季節になっています。

ミロさん、素敵ですよ~。
合わないかなぁ?
何かとセンスのない私には、深いところはわかりませ~~ん。
Re: No title
なっつばーさん

そういえば、なっつばーさんのブログの
アサギマダラのお写真を参考にさせて頂いたんでした!
あれはもう一昨年になるんですね~

私の地方では相変わらず見かけられませんが、
実際に見るとキレイでしょうね~
なっつばーさんもところにも今年も来てくれませんか。。
残念ですねぇ。。(´・ω・`)


> ミロさん、素敵ですよ~。
> 合わないかなぁ?

ありがとうございます~
なんていうか、
『キターっ!』ていうのがナイっていう、
うすらぼんやりした理由ですから深くなんてとんでもw


管理者のみに表示