大寒の卵

2013年01月24日
グエルが旅立って、昨日でちょうど一ヶ月。


一月は行く、二月は逃げる、三月は去るといいますが、

この一ヶ月、

なにをやっていたのかよく分からないくらい

何もしてないような、何も出来ていないような、

それでも、一日一日はアッとい間に過ぎていき、

それなのに、振り返るとまだ一月だったの?といった具合に、

時間の間隔が、なんだかオカシイこの頃です。


例年ならば、気づけば二月に入ってた!!くらいの勢いなのに。


それほど落ち込んでいる訳ではなくて、

ただただ、ボケボケっとしてるだけなんですが。。


ホントにホントに気が抜けちゃってダメダメです。




先日、冬の晴れ間を縫って、いつもの土手へと行ってきました。


ドラゴは絶好調☆

P1600299r.jpg


昔のように、飛んでいます♪

P1600288r.jpg


それなのに、ここにグエルがいないことを、

やっぱりちょっと 淋しく感じてしまうけれど、

兎も角今は、

ドラゴが元気になってくれたことに 感謝です。

P1600315r.jpg



健康&金運アップを願って、大寒産まれの卵のせ☆

CA380548r.jpg

勿論、茹で卵w



こんなふうに、産まれてすぐに食べられちゃう卵もあれば、

大事に温められている卵もあります。。


昨年の11月末に、知り合いから押し付けられた譲り受けた、

カナリアの夫婦、モン・セラ。


メスのセラ様(茶)が女王様キャラで、

オスのモンちゃん(黄)をよく苛めているので、

決して仲が良いとは思えないのだけど・・・・


この真冬の寒い時期だというのに、

セラ様、なんと卵を産みまして、只今せっせと抱卵中。


CA380479r.jpg CA380514r.jpg CA380539r_20130120211635.jpg

通常、カナリアは春に卵を4、5個産むものらしいのだけど、

10日ほど経っても、セラ様が産んだのは、この1個だけ。


初産だからか、やはり時期が悪いのか、

でもせっかく温めているのだから、

ちゃんと有精卵で、無事に雛が孵ってくれるといいな~と、

日々見守っております。







関連記事
☆うちのコ達の闘病生活・想い出☆ | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示