砂丘

2012年07月19日
先月のことになりますが、鳥取砂丘へ行ってきました。

正確にいうと、

用事のついでに、少しだけ足を延ばして寄ってきたのですが。


後ろに見える丘が、「馬の背」

胡麻粒のように見えるのは、人です。

どれだけ遠いか判りますか?


CA383675r.jpg


流石にもう暑くて、あそこまでワンズを連れて行くのは無理w

写真だけ撮って、早々に退散。。


CA383676r.jpg CA383679r.jpg


これだけは外せない、梨ソフトクリーム♪


CA383683r.jpg CA383684r.jpg CA383685r.jpg


この際、もうなんでも食べちゃえ~!とワンズにも。。



何故、この際なのかというと・・・


いわゆる、思い出作り・・というやつです。。

この日鳥取を訪れた用事というのは、ドラゴの医大での定期的な治療と診察があったからですが、実は急遽、グエルも診察を受けることになり、折角皆で行くのだから・・・と、砂丘まで記念写真を撮りに行ったのです。




6/23日にグエルのシャンプーをしていたとき、グエルのお尻に、テニスボール大の腫瘍が出来ている見つけ、すぐさま掛り付けの病院で診てもらったのですが、良性の肛門周囲腺腫なら去勢している雄犬での発症は珍しいので、可能性としては肛門周囲腺癌など、あまり良くないものではないかと。

放っておけば、まだどんどん大きくなって破裂するだろうし、肛門が圧迫されて排泄も困難になる。悪性のものならば転移の心配も。
すぐにでも手術で取ってしまうのが最善なのだけど・・・


グエルは3歳のときに、ワクチンの副作用で出来た首筋の肉芽腫を切除したのですが、直後から、縫い口の皮膚がどんどん壊死していくという、糸へのアレルギー反応が出てしまい、結局は開放性湿潤療法で、肉が盛って傷口がふさがるまでの3ヵ月に渡り、溢れ出るしょう液と腐敗臭、日に何度ものパットの交換に追われ、グエルを連れて出掛けることも出来ず、本当に大変な日々でした。


そのときのことがあるので、グエルの場合、「切る」というのは、とてもリスクの高く、最悪、悪性で転移の早くものだった場合、切った後の治療でぐだぐだしている猶予などないというのに。とても切る決心がつきませんでした。。


そこで、翌週のドラゴの医大での治療の日、もう少し詳しい検査をして、切る以外の選択肢がないか相談してみることにしました。


CA383691r.jpg CA383702r.jpg

結果、中身はほとんど血のようで、血管腫の類ではないかとのことでした。
ガウディのときと同じ悪性の血管肉腫なら転移も早いし抗がん剤も効きにくい。
脾臓や肝臓にもみられるようなら、摘出手術をしても余命3ヵ月というところ。
摘出手術をした後、抗がん剤治療をしても余命は6ヶ月。

そうなると、リスクを冒して切ったところでどうなのか、、、と。

しかしエコーでみてもらったところ、秘蔵や肝臓への転移はみられず一安心。
切らなくてはいけないにしても小さくしてからの方が良いだろうということで、治験段階のワクチンを自宅で月・水・金と週ニ3回、A薬とB薬を交互に打っていくことになりました。


CA383748r.jpg CA383746r.jpg


6/29日 予想より早い段階で破裂。この時点でソフトボール大でした。

CA383726r.jpg DSCN0506r.jpg

破裂してからの一週間というもの、それはもう、、大変で。。
腫瘍の出来た場所が場所なだけに大きなパットも貼れず、小さなパットでは、すぐにオーバーフロー。。二時間おきに貼り替えて、また洩れてと、、家の中はスプラッター状態。。


それが二週目に入ってからは、出てくる膿も減り、腫れもだんだんひいていき・・・

CA383794r.jpg

7/14日には、すっかり枯れた様子で穴も塞がり、この状態にまでなりました。

CA383857r.jpg


そして昨日、三週間ぶりの医大の日。

驚異の回復ぶりに先生も驚いて、当初の検査が間違いでなかったのかと、改めて再検査するほどの慌てぶり。。w
でもやっぱりただの膿腫ってことはなくて、これはもうワクチンの効果としか考えられない、ということに。
このワクチンは、グエルが診察を受ける一ヶ月前に導入したばかりで、犬猫の癌治療に関してはまだデータもなく、これが本当なら素晴らしい経過。

残ってる腫瘍は、4×3cmくらい一番大きかったときの半分以下に。
このまま切らずに、もう三週間ワクチン接種を続けてみることになりました。


CA383898r.jpg CA383910r.jpg


そして、ドラゴの方ですが、抗がん剤では叩き切れず残ってしまっていた胸の腫瘍、ここのところずっと小康状態で、可もなく不可もなく、それでも本犬が元気な様子なので、それでもいいと思っていたのですが、なんと今回、小さくなっていました!
これもまた、担当教授もビックリな結果。。

それにしてもなにが良かったのか、抗がん剤も切ってずいぶん経つのに・・・


備前焼作家の与太郎さんが、闘病中のドラゴの為にと焼いてくださった器。
頂いたタイミングで発病したグエルも使えるようにと、なんとも贅沢にも水入れとして使わせてもらっているのだけど、備前焼の食器を使うと病気にならないのだそうだから、そのお陰かもっ!

なにより気持ちがこもっているものだから。

CA383803r.jpg


そして、グエルとは兄弟犬なだけにドラゴにも効果があるかもしれないと、同じワクチンをドラゴにも打ってみることになりました。
ドラゴに関しては、この状態がキープ出来ればいいと思っていましたが、上手くいけば寛解も夢ではないかもしれません。

もしかしてもしかすると、兄弟揃って来年のお花見だって出来るかもしれません。。

ま、こう次々に続くと流石に楽観視は出来ませんけど、希望を持つのは大事ですよね。
こちらのモチベーションはワンコにも敏感に伝わってしまいますから。



ドラゴに次いで、グエルまで・・・
ましてグエルの方が進行の早い癌かもしれず、あっいう間に失うかもしれない。

ガウディを二歳半で血管肉腫で亡くしたときの喪失感から、
気持ちに保険をかけるつもりで二頭同時に迎えたのに・・・

それなのに今度は、二頭同時に失うの?

そう思ったときのショックは、相当なものでした。

結局、あれこれ策を巡らせたところで、こういうことなんだな、と。。

けれども今回は、喜びも二倍。

ダブルで色々大変だったけれど、

嬉しいことも今までずっとタブルで貰ってきたんだから仕方ないよね。

そんなことを強く感じた昨日でした。





関連記事
☆うちのコ達の闘病生活・想い出☆ | Comments(11) | Trackback(1)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
お久しぶりです。ケイシです。
足跡残して下さっていたので、久しぶりに辿って参りました。最近すっかりブログが疎かになっていたので、ぼちぼち再開したいです。

わんこちゃん達、大変なのですね(; ;)
やっぱり大型犬は病気をしやすいのでしょうか。
でもワクチンの効果が出て良かったですね!
写真に写ったわん達も笑顔で幸せそうですね。

色々大変なことも多いと思いますが、二頭が元気になりますようお祈りしています。
No title
こんばんは(^v^)

大変な日々を過ごされたようで、お疲れ様でした!

愛犬が病気になるのは辛いですね(>_<)
言葉がわからないので、病気に気付くのも遅れますし・・・

今回の事で全員無事に元気になるように祈ってます♪

・・・後、腫瘍の写真は見るのが恐いので細めでスルーさせてもらいました!ww
No title
お忙しいんだろうなあ、と思ってましたが、グエル君の闘病まで加わっていたとは・・・。
みんな、元気でいられます様に。
祈ることしか出来ませんので。

私の方は、お陰様でブログ一周年。
で、週1の更新を一層ペースダウンして、月2の更新で、ぼちぼち継続しようと思ってます。
その分、紙と縦書きの世界に、比重を移すつもりです。
No title
どうも、ご無沙汰しています。

「この際」って、一体どういう際なのかと思っていたらグエル君まで病気の話が出て、途中まで凄く怖々読んでいたのですが、快方に向かっているみたいでほっとしました。

どんどんワクチンも進化していってるんですねー。
ドラゴ君にも、そして同じような病気のわんこ達にも効いてくれたらいいですよね^^

でも、ワクチンの効果だけではなく、kenkenkidsさんが最善を尽くして看病とお世話をしておられるのが前提にあってこそ、グエル君の病気も良くなって来たのではないかなと思います。
人間でも他の動物でも、やっぱり普段からの生活って大切ですよね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
ケイシさんへ

お久しぶりにコメント頂いていたのにお返事出来ていなくてすみませんでした。

折角お祈り頂いたのに、グエルはダメでしたが、ドラゴはまだまだ頑張っております!

また、お邪魔させて頂きますね。
Re: No title
flower concept さま

大変でしたが、すこし落ち着きました。

またお邪魔させて頂きますね!
Re: No title
Y.Kotani さま

すっかり遅くなってしまいましたが、ブログ一周年おめでとうございました!

また改めてお邪魔させて頂きますね!

御心配ありがとうございました。
Re: No title
晨さま

リアルタイムにお返事出来なくてすみませんでした。

御心配ありがとうございました。

頂いた気持ちは有難く受け取っておりましたので。

管理者のみに表示
Trackback
先月のことになりますが、鳥取砂丘へ行ってきました。正確にいうと、用事のついでに、少しだけ足を延ばし
« 最後の写真 | HOME | planta »