Pet First Aid

2011年04月13日
お知らせです☆

『ペッツアメリカ認定ファーストエイド・セミナー』
ファースト・エイドとは「応急処置」のこと。
動物病院へ搬送するまでに、家庭で出来ること‥。
応急処置の知識と技術が、愛するペットを守ります。

  CA381671r.jpg  CA381672r.jpg

【第3回】日時:2011年4月30日(土)11:00~17:00(開場10:30)
場所:シナプス心斎橋 大会議室 (大阪市中央区南船場2丁目8ー11)
     地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」より徒歩7分・堺筋線「長堀橋駅」より徒歩5分

【第4~6回】
日時:2011年7月30日(土)10:30~16:30(開場10:00)
   2011年8月28日(日)10:30~16:30(開場10:00)
   2011年9月25日(日)10:30~16:30(開場10:00)
場所:大阪市立中央会館 第3会議室(大阪市中央区島之内2-12-31)
 
講師:ペッツアメリカ認定インストラクター
受講資格:ペットの救急に関心のある方ならどなたでも受講頂けます。
コース内容:パーソナル セーフティ(動物のボディランゲージを読み取る、犬と猫の抑制法など)
      ノーマル バイタルサイン(心拍数、呼吸数、体温、粘膜と毛細血管再充満時間)
      ペット エマージェンシー(誤飲、咬傷、熱傷、外傷、心肺停止、中毒、嘔吐と下痢など)
      講義および実習も行います。
認定条件:全コースを修了し、認定テストに合格した方に、ペッツアメリカ認定国際救命救急協会より認定証が付与されます。
認定期間:発行日より1カ年。
     ただし、認定期間中にリニューアルコースを受講し、テストに合格されるともう一カ年認定期間延長。
受講料金:15,000円(税込)
     受講申し込み後キャンセルされた場合、例え受講料金が入金されていなくても、下記の割合でキャンセル料を申し受けます。
     連絡なし、当日不参加および当日キャンセル:受講料の100%
     連絡あり、開催3日前から前日:受講料の50%
     連絡あり、開催7日前から4日前:受講料の30%
ご用意頂くもの:筆記用具、昼食(昼食を囲みながら、獣医師・看護師である講師と情報交換出来ます)
        当日は動きやすい服装でお越し下さい。更衣室はありません。
主催:アニマルエイドE&R
お申込およびお振込:メール、FAXにて4月20日までにお申し込み下さい。
お名前、ふりがな、ご住所、お電話番号、参加人数をお書き下さい。
      ※お振込先は、お申込後にご案内させていただきます。
お問い合わせ:アニマルエイドE&R FAX:020-4622-3501 E-mail : ryoma-i@iris.eonet.ne.jp
担当:井田(井田竜馬動物法務事務所)
ご注意:当セミナーの詳細については、ペッツアメリカおよび国際救命救急協会にお問い合わせになっても、お答え出来ませんので、主催の「アニマルエイドE&R」担当:井田までお願い致します。

CA381670r.jpg(←第2回を受講してきた、うちの夫の認定証です)


***********************************

引き続き・・・

↓救援情報の総合掲示板です。
東北地震犬猫レスキュー.com

↓目指せ1万人!郵送で4/30日締め切りです。
【ペット可避難所・仮設住宅確保を求める署名】 → 

↓義援金・救援物資・ボランティア希望はコチラへ
【緊急災害時動物救援本部】  → ★★★
・財団法人日本動物愛護協会
・公益社団法人日本愛玩動物協会
・社団法人日本動物福祉協会
・社団法人日本獣医師会 ・・・より構成されています。

詐欺サイトも存在します。募金は信頼できる組織へ!

************************************


多忙につき、また写真のみの更新ですいません。。

そんなことばっかり言ってますね、しょっちゅう。。



先週末には桜の花が満開で、

ちらっとお花見がてら写真を撮ってまいりました。

P1490294r.jpg

↑の写真のように、三匹が皆、口を閉じている写真って珍しいんです。
うちのドラグエはいつも口元に閉まりがないのでw

P1490274r.jpgP1490304r.jpgP1490290r.jpgP1490305r.jpg

ほら、全部緩んでる・・・



一年ぶりに、爪に桜の花を描いたら、、、

ヘタになってました。。

CA381828r.jpg

いや、これは、、きっと、、、

そう!腱鞘炎のせいだからっ!

そういうことにしときましょう。。(;一_一)


関連記事
☆お知らせ☆ | Comments(2)
Comment
あーわかりますー、ゴールデン(レトリーバー)っていつも口元緩んでますよね……(笑)
凛々しい表情の写真がなかなか撮れません! 愛嬌があって可愛いんですが。

ファーストエイドセミナー、いいですね。
実家の両親に紹介したいのですが、残念ながら関西。(うちは関東なので)
関東でもやってくれないかなぁ。
実際、動物が病気したときは慌てて病院に連れていくことしかできないので、心構えだけでも身につけたいところです。
Re: タイトルなし
Keishさんへ

ですよねw
それでいつも笑っているで優しく見えるんですけどねぇw
凛々しいのとはほど遠く・・・(^_^;)

ファーストエイドセミナー、
関西でのセミナーは講師の先生がお友達なのでご紹介させて頂いてるのですが、
他のところがどうなっているのかまではちょっと(^_^;)
ご希望なら聞いておきますが。
関東でも、動物病院主催でされてるところもあるようですから、
そういうのに参加してみられるのもいいかもしれませんね。

いざというとき、絶対してはいけない対処もありますし、
気になってはいたけれど、様子を見ているうちに病院に行くのが遅くなり、
手遅れになるケースも多いようです。
知識があれば早い段階で判断できますし、怪我なら応急処置も出来ますしね。

例えば熱中症の場合、全身を冷水に浸けて冷やしてと言われていましたが、
それでは心臓に負担もかかり、血管を収縮させて血行が悪くなるため危険なのだとか。
保冷剤などで太い血管が通っている脇の下や足の付け根などを冷やしながら、
病院へ運ぶとよいそうです。

今までは大丈夫でもシニアになると体温調整が出来なくなってくるので、
8歳になったドラグエも、しっかり気をつけてあげなくては~と思います!


管理者のみに表示
« belladonna | HOME | melancholy »