Je te l'ai dit

2011年01月20日
気づけば、一週間ぶりの更新です。

あちこち不義理をしております。。

例年この時期、3月までは、仕事がぎうぎう、
時間的なものというより、頭の中に余裕がなくていけません。。
それに加えて今年はこの雪。
アイスバーンに神経すり減らす毎日ですが、体のほうは元気です。

一昨日は、インフルエンザの予防接種もしてきました。
実は、4年前に患ったことがあるんです。人生初インフル。

インフルエンザなんて、子供と年寄りがかかるもの・・・
と高を括っていたのです。どんだけも体力ないくせに、です。
で、その後しばらくはきちんと予防接種を受けていたのに、
喉元過ぎればなんとかで、、、(-_-;)

そうこうしていると、
先日、市内で30代女性(持病なし)の死者が出たというので、
これはまたヤバイんじゃないかと。
今はまだインフルなんかで死んではいられません。
扶養家族より先には死ねません。

皆様もどうぞお気をつけくださいませ。



そんな私の扶養家族は、雪が大好き。

P1490106r.jpg

シャンプー覚悟で、庭に放出。

P1490126r.jpgP1490170r.jpgP1490132r.jpgP1490127r.jpg
P1490226r.jpgP1490222r.jpgP1490215r.jpgP1490208r.jpg

我が家の庭の圧雪は、80㎝ほどになりました。

一向に作品が作れないでいるので、
こんな写真と近況報告ばかりで更新するのは本意ではないのです。
こんなのただの日記なので。

なので、
大好きなポール・エリュアールの詩を贈ります。

お気遣いに感謝して。


CA381513r.jpg




ぼくが君に語ったのは雲のこと
ぼくが君に語ったのは海に生えている木のこと
波のこと 葉陰にいる鳥たちのこと
岩がたてる音のこと
ぬくもりのある手のこと
きょろきょろと動き回る目玉のこと
それは眠くなると空の色になるんだ

ぼくが君に語ったのは飲み込まれた夜のこと
道沿いの柵のこと
開かれた窓からは憂鬱な額が飛び出ている

ぼくが君に語ったのは君の思いと言葉のこと
君のやさしさ 君のゆるぎない自信のこと




 Je te l'ai dit (ぼくが君に語ったのは)

 Paul Eluard


関連記事
☆詩☆ | Comments(2)
Comment
作品がなくても・・・
私はkenkenさんの少しだけプライベートが覗けるの嬉しいです。
ドラちゃんたちは元気に走り回って楽しそう~♪♪
もしかしてミロちゃんは始めての雪?メキシコ原産のチワワも喜ぶのかしら?(笑)

お忙しいでしょうが、インフルエンザ抗体が出来るまで、持ち堪えてお仕事頑張ってくださいね!!
Re: 作品がなくても・・・
リオンママさんへ

> 私はkenkenさんの少しだけプライベートが覗けるの嬉しいです。

そうですか?あんまりイメージ壊してしまっても
如何なものかなと、思ったりもしているのですが。。

ドラグエは雪を見るとテンション高いですよ♪
そうです、ミロは生まれて初めての雪でしたね。
寒いのは嫌いみたいですから、ほぼ固まっておりました。。
が、そこはほら、うちはスパルタですから、
この程度で可哀想にと抱っこされるチワワで終わらせる気ないですからw
思いっきり雪かけてやったら凄い速さで走って逃げて転んで、
顔面から雪に突っ込んでおりました(*^^)v面白いです、チワワ♪

ありがとうございます!仕事頑張ります!!

管理者のみに表示
« 美人の湯 | HOME | 近況報告 »