豊穣の瞳~ゴロニャ~~ングレイの肖像

2017年02月10日

    君がぼくを知っているほどに

    ぼくを知っているものはいない


    君の瞳の中でぼくらは眠る

    ぼくと君とふたりで 


              Les yeux fertiles /  Paul Eluard より





昨年の12月10日、虹の橋へと旅立っていった

「サーシャ姫の優雅な生活」の、ロシアンブルーのサーシャ姫です。


0000166862.png


昨年、娘さんとナナちゃんのツーショットの作品をご依頼いただき、

「麦わら帽子とタンポポの首飾り」 としてご紹介させていただきました、

「ベンガル猫のパンテール」のジョージさんより、

ご友人のcawa-miuさんへのプレゼントとして、オーダーいただきました。


0000166864☆


作品の制作あたり、cawa-miuさんのブログを拝見させて頂いたとき、

桜祭りのボンボリにサーシャ姫のお写真載せておられたのが、

とても印象的でしたので、桜を背景にしてみました。


↓お色違いです(クリックで大きくみられます)

0000166863.png 0000166865.png


↓元のお写真です(クリックで大きくみられます)

20170127190424.png









お写真を変えて。

お姫さまといえば、やはり白薔薇でしょっ!

ということで、ころんとまるいクレア・オースチンとライラック。


0000166868.png


モーブカラーが毛色ととてもよく馴染みます。


0000166870.png


↓お色違いです(クリックで大きくみられます)

0000166866.png 0000166867.png 0000166869.png


↓元のお写真です(クリックで大きくみられます)

20170127190406.png









↓こちらのお写真には・・・(クリックで大きくみられます)

20170127185635.png


サーシャ姫のお誕生日 4/2日の誕生花 小手毬を。。

小手毬の花言葉は「優雅」「上品」「友情」・・・


0000166880.png


ブログから受けた全体的な印象はブルーグレイ。

根拠は特にありませんが。。(-ω☆)

そんなイメージでお作りしてみました。


0000166882.png


瞳が違うのわかりますか?


0000166885.png


3作品通してすべて、とにかく「瞳」が難しかったです。。

何度もやり直して、ちょうどよいところを探るというか、、、

そのぶん、キタっ!!ってときが嬉しいのですけどねw


↓お色違いです(クリックで大きくみられます)

0000166881.png 0000166884.png 0000166886.png









↓こちらはタイトル「ゴロニャ~~ングレイの肖像」というお写真。

ゴロニャ~~ングレイの肖像


cawa-miuさんのブログから勝手に拝借させていただきました。。( ̄w ̄;)

その中で、「ダリに肖像画を描いてほしい」と書かれていて、

お写真も面白い素材で・・・疼いてしまいました・・・w

ダリでなくて申し訳ないのですが、私、ダリ大好きなのでー (lll゚艸゚lll)

昔、ドラゴとグエルの名前をダリとピカソにしたいと言って夫に却下され、

ラピスとセレステの命名時にも候補に上げたのに却下されたっていうくらいw


ということで、kenkenkids版「ゴロニャ~~ングレイの肖像」です☆


0000166893.png


三日月にぶら下がっていただきましたー (ノ*゚▽゚)ノ

葉っぱのシルエットはミモザです。


↓お色違いです(クリックで大きくみられます)

0000166890.png 0000166892.png


因みに、冒頭にのせた詩は、

フランスの詩人 ポール・エリュアールの「豊穣の瞳」からの抜粋です。

エリュアールも大好きなので、今までも度々ご登場いただいておりますが

このエリュアールの奥さんだった人(ガラさん)が、

後にダリの奥さんになるっていう、なんとも羨ましい趣味の合う。。。。(◎日◎)






こちらの作品をA3サイズプリント+額装して納めさせていただきました。


CA381499.png


A4版とポストカードとCD-Rデータはサービスでお付けしております。


CA381497.png


喜んでいただけましたら幸いです。



にほんブログ村 つづきに、「豊穣の瞳」全文のせておりますので、
           ご興味のある方はご覧になってみてくださいませ。
Read more "豊穣の瞳~ゴロニャ~~ングレイの肖像"
| Comments(8) | Trackback(0)
 | HOME |