君の瞼の曲線

2013年04月01日
我が家のエッシャー 本日6歳になりました。

倉庫に閉じ込められ

衰弱しているところを保護したのが

6年前の ゴールデンウィーク明けのこと。

生後約1ヵ月から逆算して、この日と決めました → 

P1600821.jpg



毎年、エッシャーの誕生日には、詩を贈ってきました。

去年は、Liberte/ポール・エリュアール

その前は、四月の魚/ポール・エリュアール


ということで、今年も。


  

君の瞼の曲線


  君の瞼の曲線がぼくの心に円を描く

  踊りの輪のようにやさしい輪

  時のきらめき 眠りのゆりかご

  ぼくがいままでのことを覚えてないとしたら

  それは君の目がぼくを見ていなかったせい


  君の目は光の葉っぱ 露の苔

  風の葦 香ばしい微笑

  世界を光で満たす翼

  空と海を積んだ船

  音の狩人 色彩の泉


  香りがオーロラから生まれ出る

  オーロラはいつも藁のような星に架かっている

  日の光が無垢につつまれてあるように

  世界は君の清純な瞳の中にある

  そしてぼくは君のまなざしの中にある


Paul Éluard




☆詩☆ | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME |